おしゃれ芸能なんでもニュース!

アクセスカウンタ

zoom RSS 美しき女殺し屋の復讐劇−「コロンビアーナ」

<<   作成日時 : 2014/10/14 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、こんにちは。きょうは、好きな映画について書きます。





今まで観てきた映画の中で、最も好きな作品の一つが、「レオン」です。

リュック・ベッソン監督、あまりにも有名ですが、

あの「ニキータ」といい、冒頭の「レオン」といい、


観る者を圧倒させる、鋭角的なアクションと、主人公のやるせない哀しみ、寂しさ・・・

本当に大好きな監督です。




そのリュック・ベッソンが製作・脚本にあたり、、オリヴィエ・メガトン監督による映画、


「コロンビアーナ」(2011年に公開)




映画館に行けなくて、DVDで観ました。







−−舞台は「麻薬ビジネスはこびこるコロンビア」−


冒頭からものすごいインパクトで、いきなり「マフィアの世界」に引き込まれました。



マフィアのドン一味に、両親を殺された少女カトレア。本当に愛くるしい瞳と美しい褐色の肌が印象的な、素敵な女の子でした。



チンピラたちに追われながら、なんとか脱出したカトレアは、おじさんを頼ってアメリカ・シカゴへ渡ります。




それから15年後、彼女は、すごい美貌とプロポーションを兼ね備えた、プロの殺し屋となり、闇の世界で活躍。なぜ「殺し屋」になったのか、その理由はただ一点、


「愛する父母を目の前で殺された復讐」

でした。



この、ヒロインを演じたのは、「アバター」で超有名になった、

ゾーイ・サルダナ



この映画、うーんやっぱり彼女の存在がめちゃくちゃ大きいですよね。


役柄と本人の姿、印象、動作すべてがピタリと当てはまります。


まあ、ストーリーは実にシンプルですが、最初から最後まで、ハラハラドキドキの連続。


物語は冷徹でクール・・・・しかし、映画のワンシーン、ワンシーンが、とっても「美しい」んです。




まるで獲物を狙う雌豹のような凄みと瞬発力、そんな暗殺者カトレアは、たった一人で強大な「敵」を倒すことができるのか−−



見終えた後、思いました。


これ、「ニキータ」を超えたな、と−−






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
美しき女殺し屋の復讐劇−「コロンビアーナ」  おしゃれ芸能なんでもニュース!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる