おしゃれ芸能なんでもニュース!

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲームランキングの首位は

<<   作成日時 : 2015/06/13 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<ゲーム1週間>“ラブプラスの父”がユークスへ スマブラ米国でも人気


MANTANWEB6月13日(土)20時30分



 1週間のゲームのニュースをまとめて紹介する「ゲーム1週間」。今回(6〜12日)は、「ラブプラス」を手がけた内田明理(あかり)さんがユークスに入社するニュースや、「大乱闘スマッシュブラザーズ」が米国ゲーム市場で6位に入った話題などが注目を集めた。



 人気ゲーム「ラブプラス」を手掛けたことでも知られ、今年3月にコナミデジタルエンタテインメントを退職したゲームクリエーターの内田明理さんが、プロレスなどの格闘ゲームで知られるゲーム会社の「ユークス」に10月1日付で入社することが明らかになった。内田さんをリーダーにしたチーム「Uchida lab(ウチダラボ)」を結成する。年内には新企画を発表する計画だという。



 2014年の米国ゲームソフト売り上げランキングのトップ20が米エンターテインメントソフトウェア協会から発表され、日本開発のゲームソフトは、ニンテンドー3DSとWiiU用の「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/WiiU」(任天堂)が6位にランクインした。米国のゲームソフト市場で日本開発のゲームがトップ10入りしたのは、2010年の「Newスーパーマリオブラザーズ Wii」(任天堂)が6位に入って以来、4年ぶり。ランキングの首位は、1人称視点のシューティングゲーム「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」(アクティビジョン)だった。











 


人気ゲーム「テイルズオブ」シリーズ(バンダイナムコエンターテインメント)の20周年を記念して、テレビアニメ「Tales of 20th Anniversary Animation」が制作され、2016年に放送されることが分かった。「テイルズ オブ エクシリア」のゲーム内アニメを手掛けるufotable(ユーフォーテーブル)が制作する。また新作「テイルズ オブ ベルセリア」がPS4、PS3向けに発売されることも発表された。新作の発売時期は未定。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲームランキングの首位は おしゃれ芸能なんでもニュース!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる